犬の結膜炎

犬の結膜炎とは

  

犬の「ものもらい」です。埃やまつ毛の接触による刺激や、アレルギーによる炎症、犬のドライアイなどの原因により眼の結膜とよばれる部分に炎症がみられます。


結膜は眼のどの部分?

瞼のうらや、眼の際にある粘膜を結膜とよびます。一方、眼の黒目や白目がある部分は角膜とよばれます。正常な結膜はうっすら赤みをおびた色をしており、薄い涙の膜がかかっています。


結膜炎の症状

結膜炎の犬では結膜の充血や腫れがみられ、正常な色よりも赤味がつよくなります。涙の量が増える、瞼が痙攣するなどの症状がみられる場合もあります。
アレルギー性結膜炎では眼の痒みやまぶたの腫れ、赤みなどの皮膚症状に併せて、アトピー性皮膚炎でみられる全身性の皮膚症状とかゆみがみられることがあります。
また、眼の痒みや痛み、違和感から顔をよく掻く、気にするなどの症状がみられることもあります。
犬のドライアイとして知られている乾性角結膜炎では、涙の分泌が少なくなることによる眼球表面の乾燥などの症状がみられます。


結膜炎を引き起こす原因

結膜炎は①物理的な刺激、②アレルギー、③自己免疫疾患などの原因により引き起こされます。①物理的な刺激には散歩中の匂い嗅ぎや風によって吹き込んだ埃や砂、犬の喧嘩による傷、まつ毛の接触、まぶたの位置の異常などが含まれます。
②アレルギーによる結膜炎は、ハウスダストやコナヒョウダニ、花粉、食物などで引き起こされ、しばしばアトピー性皮膚炎と併発します。
③自己免疫疾患は病源体などの異物から身を守るための機能である免疫が、身体にある自分自身の組織を攻撃する疾患です。乾性角結膜炎は自己免疫性の涙腺炎が原因となり引き起こされることがあります。

  

物理的な刺激

物理的な刺激による結膜炎は眼に入ったゴミや外傷のほか、まつ毛の位置の異常である逆さまつ毛、瞼の位置の異常である眼瞼内反症、眼瞼外反症でみられます。
逆さまつ毛はまぶたの裏から生えたまつ毛や、眼の方向へ向いて生えたまつ毛が角膜や結膜を刺激、傷つける疾患です。
眼瞼内反症や眼瞼外反症は眼のまわりの皮が弛んだ犬などでみられる疾患であり、まぶたが内側に裏返りまつ毛などで眼を刺激するものを眼瞼内反症、まぶたが外側に裏返り結膜が外部環境に露出されてしまいドライアイなどを引き起こすものを眼瞼外反症とよびます。


アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎はハウスダストやコナヒョウダニ、花粉などのアレルゲンが原因となり眼にアレルギー性の炎症がみられる疾患です。アレルギー性の疾患としてよくみられるアトピー性皮膚炎に罹患した犬の60%で当疾患がみられたという報告があり、アトピー性皮膚炎と深い関わりがあります。
結膜の充血、痒み、腫れなどの症状がよくみられますが、角膜の症状は比較的少ないとされています。


アトピー性皮膚炎

犬で多いアレルギー性の皮膚炎です。3歳より若い犬によくみられ、皮膚の赤みと痒みを引き起こします。鼻や耳、眼の周り、顔、四肢や腋、鼠経部などに症状がでやすいといわれています。
膿皮症や外耳炎などのアレルギー性結膜炎以外の疾患を引き起こすことでも知られています。


乾性角結膜炎

犬のドライアイであり、眼の表面を覆う涙の膜が少なくなる、なくなることによる症状がみられます。短頭種のように眼が大きく乾燥しやすいことが原因となる乾性角結膜炎や、涙の産生量が低下することにより引き起こされる乾性角結膜炎が存在します。
後者では自己免疫性の原因がもっとも一般的だと報告されており、涙を産生する腺組織である涙腺の自己免疫性の炎症により引き起こされます。
眼は表面の乾燥により明るさや光の反射を失い、濃い黄色や灰色の分泌物がみられます。疾患が進行することで角膜の損傷や失明などを引き起こす可能性があります。


結膜炎の診断と治療

結膜炎の診断では、異物やさかさまつ毛を見つける眼の検査や、アレルギー歴の問診や皮膚検査、涙の分泌量を調べるシルマー涙液試験などをおこなっていきます。
物理的な刺激が結膜炎を引き起こしている場合、異物や逆さまつ毛の除去や、眼の傷に対する処置をおこないます。
アレルギー性や自己免役性の疾患が原因の場合、過剰な免疫反応を抑えるための治療をおこないます。
また、眼のうるおいを補充するための点眼をおこない定期的なケアをしていく場合もあります。


犬の診療案内

犬の診療料金

9:30〜12:30
16:30〜19:00

050-3196-4900

予約する

受付終了は診療終了時刻の30分前になります