犬の診察

専門的な技術と知見でご家族を守れる、最高のかかりつけ医として。

かかりつけ医としての使命

獣医師は、人間の医師と異なり、内科も外科も行います。また、診療科も循環器、呼吸器、皮膚、眼科、神経、内分泌、消化器、泌尿器、腫瘍など多岐にわたります。当院では、1次診療として広範囲で高水準の医療を伴侶動物と飼い主様に提供することで気軽に相談できるような病院を目指し努力して参ります。また、より高度な医療が必要であると判断した場合や飼い主様の希望に応じて2次診療施設や大学に紹介することも可能ですので、お気軽にご相談ください。

Diagnosis犬に多い疾患

泌尿器の病気

おしっこをしない、血が混じる、排尿時に力む、尿路結石の食餌療法がうまくいかない、といった症状がある方は受診をお勧めします。

腎臓病・腎不全

尿路結石症(尿石症)

膀胱炎

下部尿路疾患

来院時注意事項

循環器系の病気

僧帽弁閉鎖不全症、拡張型心筋症など、常日頃から健康診断で早期発見を心がけましょう。蚊が媒介するフィラリア症はお薬でほぼ100%予防できる病気です。毎年しっかり予防しましょう。

皮膚の病気

犬の病気でも特に皮膚に関するものは多く、皮膚炎(アトピー性のほか、細菌性や真菌性など)や、外耳炎、中耳炎、涙焼けなどもあります。

アトピー性皮膚炎

涙焼け(流涙症)

いぼ・できもの

膿皮症

目の病気

ブドウ膜炎、白内障、緑内障など様々な病気があります。ぶつけるなど外傷によるものから、原因不明のものやその他疾患が原因となるものがあります。

外科手術の代表例

去勢・避妊手術、歯周病(歯石除去、抜歯)、膀胱結石の摘出、体表の腫瘤切除、腫瘍の切除など

避妊手術

去勢手術

その他お困りごと

必ずしもわかりやすい外傷や皮膚疾患でなくても、犬にも精神疾患や、強すぎる癖などが出ることで行動療法が必要になることなどがあります。

前足を舐める

獣医師コラム

私たちが大事なわんちゃんのケアをさせていただきます。

スタッフ紹介

犬の体調不良、手術、避妊去勢、入院などの費用

ワンちゃんは犬種や加齢と共に様々な体調不良や病気になることがあります。もちろん、ドッグフードなどをしっかりと安全なものを与えて基礎体力を上げることがベストですが、動物病院に頼らざるを得ないことも多々あるかと思います。当院では、特に手術や入院などの際は、事前にできる限り料金や工程をわかりやすくご説明するよう努めております。ご不明点やご不安なことがあれば遠慮なくお尋ねくださいませ。

9:30〜12:30
16:30〜19:00

011-788-9000

予約する

受付終了は診療終了時刻の30分前になります