犬のワクチンって打たなきゃ行けないの?時期や種類は?【土日祝日でも相談できる札幌市の動物病院】

2022.11.17

犬の予防接種の重要性

ワクチン接種は愛犬の健康を守るためにとても重要であり、狂犬病予防注射は毎年1回受けさせることが法律(狂犬病予防法)で義務付けられています。
匂いを嗅ぐことは犬のコミュニケーション手段であり、お散歩中に色々な匂いを嗅ぐことで感染症にかかるリスクがあります。
混合ワクチンに関しては接種が義務付けられているわけではありませんが、時には命の危険を及ぼす感染症から大切な愛犬を守るためにも、接種することが推奨されています。

また、予防接種は愛犬を感染症から守るだけでなく、犬から犬への感染や、犬から人に感染する「人獣共通感染症」を防止する役割もあります。
ドッグランやペットホテルなど、複数の動物が集まる施設を利用する場合は、予防接種をしていないと利用を断られるケースもありますので注意しましょう。

年中無休のちゅら動物病院

ちゅら動物病院は平日の他、土日祝日も診療を行っており、ワクチンについてのご相談をいつでも受け付けております。
札幌市北区にありますが手稲区、中央区のほか、石狩市や小樽市などからもアクセスしやすい立地にあります。よければお気軽にご相談ください。

予約する

犬のワクチンには2種類ある

犬に打つ予防接種(ワクチン)は主に2種類あります。

⚫︎狂犬病予防接種

これは、国が定めるワクチンであり、犬を飼っている人は必ず打たなければなりません。
高齢であれ、病気持ちであれ必ず打たなくてはいけないものです。
唯一例外として猶予することができるのは、「狂犬病予防接種をすることで死亡する可能性が高いとき」だけです。

⚫︎混合ワクチン(伝染病予防接種)

こちらは任意であり、種類もいくつかあります。
代表的なものを言うと、5種ワクチン、10種ワクチンなどです。もちろん、数が多くなればそれだけ多くの種類の予防ができます。
数が多くなると副作用が出やすくなるわけではないので安心してください。

年齢別ワクチン接種の時期と種類

16週齢以上になるまでに3回接種することが推奨されています。

生後6〜8週 :5種混合ワクチン
生後10〜12週 :5種混合ワクチン
生後14〜16週 :5種混合ワクチン
生後110日前後 :狂犬病ワクチン(注:91日齢以上の犬に接種義務があります)

ワクチンは1度打てばずっと効果が持続するわけではないので、定期的な追加接種が必要です。
冒頭にも記述しましたが、狂犬病ワクチンは毎年1回受けさせることが法律(狂犬病予防法)で義務付けられています。

また、混合ワクチンも年1回の頻度で追加接種される方が多いですが、近年では毎年打たなくてもよいとする流れが主流になってきており、3年ごとが推奨されています。ワクチンを打たない年には、抗体価のチェックを忘れずに行ってくださいね。

予約する

ワクチン接種後は副反応に注意!命に関わることも。

ワクチンを接種した後に、副反応が出ることがあります。
打った直後にぐったりして元気がない、チアノーゼ(口の粘膜の色が真っ白になること)になる、嘔吐などは「アナフィラキシーショック」というショック症状で、重大な副反応のため早めの対処が必要です。放置すると命に関わることがありますので、すぐに病院に連れていきましょう。

打って数時間後に、顔が腫れたり痒みが出ることがありますが、これは比較的よく見られる副反応で、命に関わることは少ないです。

ワクチン費用は病院によって4割違うことも?

ワクチン費用は動物病院によって価格差があります。相場はおおよそ2種混合で3,000円~5,000円程度、7種以上になると7,000円~10,000円程度です。ワクチン接種は病気の治療ではなく、健康な状態で行う「予防行為」となるため、ほとんどの場合ペット保険の対象外となっています。

ちゅら動物病院の料金案内

ワクチン接種後の証明書は保管しておきましょう

⚫︎狂犬病予防接種後に渡されるもの

・注射済票(札幌市内の人)
・狂犬病予防接種証明書(札幌市外の人)

⚫︎混合ワクチン接種後に渡されるもの

・ワクチン証明書

愛犬を混合ワクチンの追加接種に連れていく際は、過去のワクチン接種証明書を持参しましょう。
適切な時期にワクチン接種を受けているか、どの種類のワクチンを接種しているのかを、獣医師が確認するために必要になります。

愛犬を感染症から守るために

ワクチンは恐ろしい感染症から愛犬を守ることができる、非常に有用な手段です。適切な接種時期や接種時の注意点、副反応についてなど、正しい知識を持つことがとても大切になります。
特に、子犬は抵抗力が弱いため感染症にかかると重症化しやすいです。
わんちゃんを迎えたら、早めにお近くの病院でワクチンの相談をするようにしましょう。

ちゅら動物病院ではいつでもワクチンについてのご相談を受け付けています。「犬を飼い始めたけどワクチンってどうすればいいの?」、「副反応について詳しく聞きたい!」などどんなことでも構いませんのでお気軽にご相談ください。

予約する

札幌市で動物病院をお探しなら

ちゅら動物病院は犬、猫の他、インコなどの鳥類、そしてフェレット、うさぎ、ハムスターハリネズミなどの小型哺乳類・エキゾチックアニマルの診療を行なっております。土日、祝日も診療しております。夜間、時間外診療についてはお気軽にお問い合わせください。診療経験豊富な獣医師が対応させていただきますので、安心してご相談いただければ幸いです。

タカハシメグミ

外部ライター

動物看護師・ライター

2010年、動物看護師として石狩市の動物病院にて勤務。犬や猫を中心に診察・診療の補助を行う。2016年、結婚・出産を機に退職。その後はパートタイマーとして動物園に勤務する。2021年より、ちゅら動物病院で記事を書かせていただくことになりました!海外の論文や記事を参考に、少しでも愛犬、愛猫の健康に貢献できるような記事を目指してがんばります。

※本ライターによる執筆は本ライターに帰属するものであり、その正確性や内容に関してちゅら動物病院がなんら保証するものではありません。

9:30〜12:30
16:30〜19:00

050-3196-4900

予約する

受付終了は診療終了時刻の30分前になります