ハムスターに蟯虫が見つかったらどうする?動物病院の探し方は?

2021.07.30

動物病院で健康診断をすると、その一環で糞便検査を行い、蟯虫が見つかることがあります。蟯虫自体は危険性が少ないものの、時に重症化し、腸炎を引き起こしたり、死亡してしまう例もあります。もちろん腸炎や腸閉塞を起こしていれば体調が悪くなるので発見も比較的容易になりますが、ほとんどのケースでは便も普段通りで、体調にも変化がないことが多く、見つけるのが困難です。

ハムスターを飼い始めたらまずは健康診断をしよう(ハムスターの飼い方)

蟯虫は普段の生活で潜んでいることはほとんどないため、感染経路は①親から、②ファーム(生産者)の頃の環境下から、③同居するハムスターから、あたりに限られます。そのため、飼い始めた頃に蟯虫検査をしておけば、その後に新しい同居ハムちゃんが来ない限りは蟯虫に感染するリスクはかなり低いと言えるでしょう。ちゅら動物病院はハムスターの健康診断も行っていますし、蟯虫の対応もしておりますので、安心してご相談ください。

ハムスターは夜行性で、昼間お仕事をされている場合はちょうど帰宅した頃にげんきになることが多いです。日常生活を癒してくれる、とても可愛らしい伴侶動物ですよね。犬や猫と比較するともちろん平均寿命は大幅に短いものの、その命をまっとうさせてあげて、一緒に幸せな時間を過ごしていただけたらと思います。そのためにはトイレや寝床を清潔に保ったり、フードをまめに交換してあげたりなど、お世話も重要です。飼い方についても迷われることがあればお気軽にご相談ください。手稲区や西区、発寒駅からもアクセスしやすく、祝日も診療しております。

札幌市で動物病院をお探しなら

ちゅら動物病院は犬、猫の他、インコなどの鳥類、そしてフェレット、うさぎ、ハムスターハリネズミなどの小型哺乳類・エキゾチックアニマルの診療を行なっております。土日、祝日も診療しております。夜間、時間外診療についてはお気軽にお問い合わせください。診療経験豊富な獣医師が対応させていただきますので、安心してご相談いただければ幸いです。

タカハシメグミ

外部ライター

動物看護師・ライター

2010年、動物看護師として石狩市の動物病院にて勤務。犬や猫を中心に診察・診療の補助を行う。2016年、結婚・出産を機に退職。その後はパートタイマーとして動物園に勤務する。2021年より、ちゅら動物病院で記事を書かせていただくことになりました!海外の論文や記事を参考に、少しでも愛犬、愛猫の健康に貢献できるような記事を目指してがんばります。

※本ライターによる執筆は本ライターに帰属するものであり、その正確性や内容に関してちゅら動物病院がなんら保証するものではありません。

9:30〜12:30 - -
16:30〜19:00 - -

011-788-9000

予約する

受付終了は診療終了時刻の30分前になります